「直接契約型宿泊プラン」利用規約

「直接契約型宿泊プラン」は、株式会社KNT-CTウエブトラベル(以下「当社」といいます。)が運営するインターネット予約システムを宿泊施設等(以下「直接契約型宿泊プラン参加施設」といいます。)が利用し、自身のオリジナルプランをインターネット上に掲載してユーザーから直接予約申込みを受け付けるプランです。本規約は、ユーザーが直接契約型宿泊プランを利用する際に適用されます。

第1条 規約等の適用

  • 1.ユーザーは、本規約に同意のうえで直接契約型宿泊プランを利用するものとします。
  • 2.ユーザーが直接契約型宿泊プランを利用する際は、本規約のほか、直接契約型宿泊プラン参加施設が別途定める約款その他の諸規定が適用されるものとします。
  • 3.ユーザーが直接契約型宿泊プランと直接契約型宿泊プラン以外の他のプランを同時に利用する場合、本規約は直接契約型宿泊プランにのみ適用されるものとし、直接契約型宿泊プラン以外の他のプランにはそれぞれ当社が別途定める約款その他の諸規定が適用されるものとします。

第2条 掲載情報

  • 1.直接契約型宿泊プランの掲載情報(プラン情報、施設情報、客室等の空き情報その他の各種情報で、文字・写真・間取り図等を含む)は、直接契約型宿泊プラン参加施設が自身の責任で掲載しているものであり、掲載内容に不明な点がある場合、ユーザーは当該施設へ直接確認するものとします。

第3条 契約の成立

  • 1.直接契約型宿泊プラン利用契約は、ユーザーがインターネット上で直接契約型宿泊プランの予約申込みを行い、予約完了画面が表示された時点でユーザーと直接契約型宿泊プラン参加施設との間で成立するものとします。ただし予約が完了したにもかかわらず何らかの事由により予約完了画面が表示されなかった場合でも、予約確認画面で予約を確認できる状態になれば契約は成立したものとします。

第4条 料金について

  • 1.直接契約型宿泊プラン参加施設は直接契約型宿泊プランのプラン料金を随時変更できるものとし、ユーザーは当該料金が変更される場合があることをあらかじめ承諾するものとします。
  • 2.直接契約型宿泊プランのプラン料金には消費税が含まれていますが、サービス料やその他諸税(入湯税・ホテル税等)については含まれていない場合があります。またプランや利用日によっては予約金を必要とする場合があります。ユーザーは、直接契約型宿泊プラン参加施設が指定する時にこれらを支払わなければならないものとします。

第5条 予約の確認

  • 1.当社は、インターネット上の予約確認画面にて、予約内容を表示するものとします。ただしユーザーが直接契約型宿泊プラン参加施設へ依頼して予約内容の変更が行われたとき、変更内容によっては予約確認画面に変更後の内容が正しく表示されない場合があることをユーザーはあらかじめ承諾するものとします。
  • 2.前項にかかわらず、予約確認画面の表示内容に不明な点がある場合、ユーザーは自身の責任で当該施設へ直接確認するものとします。

第6条 予約の取消および変更

  • 1.ユーザーは、予約の取消を希望する場合、予約確認画面から取消操作を行うものとします。ただし予約の一部取消など予約確認画面から取消操作できない場合や緊急時その他のやむを得ない場合には、ユーザーは当該施設へ電話で直接取消依頼できるものとします。
  • 2.ユーザーが予約の取消を行う場合、以下の時点をもって取消が成立するものとします。
    • (1)ユーザーが予約確認画面から取消操作を行う場合、画面上で取消済みの旨表示された時点
    • (2)ユーザーが当該施設へ電話で直接取消依頼する場合、当該施設から特段の案内がない限り、当該施設がユーザーに取消了承の旨通知した時点
  • 3.ユーザーは、予約の変更を希望する場合、当該施設へ電話で直接依頼するものとします。当該施設から特段の案内がない限り、当該施設がユーザーに変更了承の旨通知した時点で変更が成立するものとします。
  • 4.ユーザーが予約の変更を行う場合、変更内容および変更手続きの実施日によっては取消料・違約料等が発生する場合があることを、ユーザーはあらかじめ承諾するものとします。
  • 5.予約の取消・変更が成立した場合の取消料・違約料等は、当該施設が定める約款その他の諸規定に基づくものとし、取消料・違約料等が発生する場合はユーザーが直接当該施設へ支払うものとします。

第7条 ユーザーの遵守事項

  • 1.ユーザーは、直接契約型宿泊プラン参加施設の定める約款その他の諸規定を確認し、遵守するものとします。
  • 2.ユーザーは、直接契約型宿泊プラン参加施設が掲載する情報および提供サービスに関して問合せや苦情等がある場合、当該施設に直接行うものとします。
  • 3.ユーザーは、直接契約型宿泊プランを利用するにあたり、つぎの行為をしてはならないものとします。
    • (1)第三者へのなりすましや虚偽の情報を当社および直接契約型宿泊プラン参加施設へ伝える行為
    • (2)他者への転売や商用目的の予約
    • (3)利用する意志のない予約、多数の仮押さえ予約、その他直接契約型宿泊プラン参加施設や当社へ迷惑をかける行為
    • (4)当社、直接契約型宿泊プラン参加施設および第三者への誹謗中傷や名誉を傷つける行為
    • (5)当社、直接契約型宿泊プラン参加施設および第三者の有する著作権や知的財産権を侵害または侵害する恐れのある行為
    • (6)施設での暴力行為、その他法令に違反または違反する恐れのある行為

第8条 ユーザーの責に帰すべき事由による解除

  • 1.ユーザーは、直接契約型宿泊プラン参加施設が指定する諸手続きを期日までに行わなかったとき、当該施設から直接契約型宿泊プラン利用契約を解除される場合があることをあらかじめ承諾するものとします。
  • 2.ユーザーが前条第1項および第3項に掲げる遵守事項のいずれかに違背したとき、当社および直接契約型宿泊プラン参加施設はユーザーの承諾なく直接契約型宿泊プラン利用契約の解除およびその後の利用を制限できるものとします。
  • 3.前2項において契約が解除された場合、ユーザーは当該施設が定める約款その他の諸規定に基づき、取消料・違約料等を支払うものとします。

第9条 個人情報の取扱い

第10条 当社の責任

  • 1.当社が善良な管理者の注意をもって、ユーザーがインターネット上から行った直接契約型宿泊プランの予約・取消申込みを直接契約型宿泊プラン参加施設へ通知しその回答をユーザーへ通知したとき、当社の債務の履行はすべて終了するものとします。
  • 2.当社は、前項の債務が不履行の場合を除き、一切の責任を負わないものとします。
  • 3.当社は、直接契約型宿泊プラン参加施設が掲載する情報の不備やその真偽も含めて一切の責任を負わないものとします。
  • 4.当社は、直接契約型宿泊プラン参加施設が提供するサービス内容について一切の責任を負わないものとします。
  • 5.ユーザーと直接契約型宿泊プラン参加施設との間で何らかの紛争が生じた場合には当事者間で解決するものとし、当社は一切関知しないものとします。

第11条 準拠法および管轄裁判所

  • 1.本規約の準拠法は日本法とし、ユーザーと当社との間で紛争が生じた場合には、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第12条 規約の変更

  • 1.当社はユーザーの承諾を得ることなく本規約を変更できるものとします。変更後の規約は、当社が別途定める場合を除き、当画面上に掲載した時点より効力を生じるものとします。
  • 2.ユーザーは、直接契約型宿泊プラン利用に際して常に最新の規約内容を確認するものとします。本規約の変更後にユーザーが直接契約型宿泊プランを利用した場合、当社はユーザーが変更後の内容に同意したものとみなします。

附則
本規約は、日本標準時間2014年7月1日より有効とします。

制定 2014年7月1日